人探しの理由は人それぞれ

世の中には、いろんな人がいて人の数だけ事情というものがあります。
だから、自分の常識とか考えとかでは計り知れない観念だってあって、だからそれぞれの苦しみがあって試練で悩みぬくことがあるのです。
「なんだ、それくらいで…俺なんかもっとさ…」というのは、通用しないのです。
その人なりの事情があるのですから、そこは比較できません。

 

人探しにしてみてもそうです。
ある人は、急に失踪した家族を血眼になって探すことでしょう。
でも、ある人は失踪した家族を「これでよかった」と、探そうとはしないかもしれません。
探したくなくても、親戚の目があるという人は、しぶしぶ探すでしょう。
すべて、事情は人それぞれなのです。

 

もっと言えば、幼い頃の初恋の人を何年も何年も探し続ける人がいます。
他人からしてみれば「初恋なんて思い出の中にあるから美しいんだよ」「なんで今さら、初恋の人なんて探すのさ?」ということになります。
でも、当人にしてみれば深い事情と理由があるから、何年も気の遠くなるような年月を探し続けるのです。
他人に、その理由を理解することはできないと思います。

 

死期を悟って、最後に会いたい人を探す人もいます。
「そんなことなら、事前に会っておけばよかったのに…」という人は必ずいるでしょう。
しかし、死期を悟った人の気持ちなんて、そうそう理解できるものではありません。
その時に、その人に会いたくなった理由なんて、やはり当人だけしか解らないのです。

 

人探しの理由は、本当に人ぞれぞれです。
効率よく探す場合には、探偵事務所に依頼するのがおすすめです。