探偵事務所の料金体系 成功報酬と時間制料金の特徴

探偵事務所の料金体系 成功報酬と時間制料金の特徴

 

探偵事務所に調査を依頼しようか考えたとき、最初に不安になることは料金についてではないでしょうか?
普段の生活でお世話になることが余りない業種であるため、料金についての相場が分からず、
高額な料金が請求されるかもと不安に感じている方も多いと思います。

 

また、探偵事務所は料金体系が複雑なことが多く、総額が幾らになるのかが分かりにくい事もあるでしょう。
今回は、探偵事務所の料金体系でよく用いられる、「成功報酬制料金」と「時間制料金」について説明したいと思います。

 

 

探偵事務所の料金体系は主に二つ

 

探偵事務所の料金体系には色々な形式がありますが、
基本となる料金体系は「成功報酬制料金」と「時間制料金」の2つになります。

 

成功報酬制料金とは、契約の調査結果が出た場合に料金が発生する料金体系であり、
結果が出ない場合には料金が発生しない契約が基本です。

 

それに対して、時間制料金は、調査にかかった時間に対して料金が発生し、
成果が出ない場合でも料金の支払いが必要になる契約になります。

 

これだけ聞くと、「成功報酬制」の料金体系が良さそうに感じますが、
一概にそうとも言い切れない部分があります。それぞれの料金体系のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

探偵事務所の料金相場については、今回は説明を省かせていただきますが、
こちらのサイトに分かりやすい説明がありますので参考にしてみてください。
探偵事務所の料金相場を紹介 | 名古屋調査室ai 探偵事務所

 

 

成功報酬制料金のメリットとデメリット

 

成功報酬制の料金体系の場合には、あらかじめ決められた調査結果が出た場合に料金の支払い義務が発生します。
調査をしても結果が出ない場合には、料金を払う必要がない契約が多く、
依頼者にとってとても合理的な料金体系です。

 

ただし、調査結果が出ない理由は、探偵事務所側の問題ではないケースがあるだけでなく、
調査が事実上困難な場合もあります。
例えば、浮気の証拠収集を依頼した場合には、浮気が行われなければ証拠を掴むことは出来ませんし、
対象者が電車をした後に、浮気相手が車で向かいに来ていた場合なども、その日の調査は継続が難しい状況になります。

 

探偵の調査にはイレギュラーが起きる確率が高く、すべて順調に進むことのほうがまれとも言えます。
成功報酬制の料金体系は、このような調査が難しい場合のリスクを
探偵者側が受け持つことになり、その分だけ料金が高くなる傾向にあります。

 

また、成功報酬制の料金体系の場合には、短時間で調査結果を出すことが探偵社側の利益に直結します。
そのため、リスクを冒してでも結果を優先する傾向にあり、調査がバレてしまう可能性があるだけでなく、
トラブルになる可能性も高いと言えるでしょう。

 

一例を説明すると、尾行時に対象者との距離を取れば、尾行に気付かれるリスクは減らせるのですが、
その分見失う可能性が高くなります。成功報酬制では、対象者に気付かれるリスクがあっても、
調査結果を出すことを優先させることが多く、依頼者にとっては料金以外の大きなデメリットということが出来ます。

 

その他、結果を出すことが業務の目的になるため、依頼者の希望を聞き入れてもらえない場合も多く、
このこともデメリットの一つになるでしょう。

 

ただし、成功報酬制にはメリットが大きいのも事実です。
依頼者は調査結果に期待して探偵に調査をお願いしているため、
結果に対して料金が発生する料金体系は納得がいきやすい傾向にあります。

 

また、本当に調査を行っているのか不安に思うことも少なく、安心感があると感じる方が多いのも事実です。
その他、調査に掛かる総額が分かりやすく、多少割高であっても安心できるメリットもあるでしょう。

 

 

時間制調査料金のメリットとデメリット

 

時間制の調査料金の場合には、調査にかかった時間に対して料金の支払い義務が発生します。
つまり、探偵事務所側の経費を元に料金が決められているため、
探偵事務所側にとっては合理的な料金体系になります。

 

例えば浮気の事実がない場合であっても、調査を行えば当然経費が発生することになります。
その料金を依頼者に請求出来れば、探偵業者にはリスクがないことになり、
時間単位の調査料金をギリギリの値段に設定することも可能です。

 

また、調査方針などをお客様の希望に合わせて、柔軟に対応してもらえることも多く、
絶対に調査に気付かれたくない場合、早期に結果を出してほしい場合、
その他調査方法に希望がある場合には適した料金体系になります。

 

ただし、時間制調査料金にはデメリットがあるのも事実です。
依頼者は調査がしっかり行われているのか不安に感じたり、
調査結果が出ない場合には納得がいかないと思う方も多いでしょう。
また、悪質な探偵事務所の場合には、わざと調査期間を長引かせて、
高額な料金を請求することがないとも言い切れません。

 

 

何方を選ぶかは本人の考え方次第

 

成功報酬制と時間制調査料金の違いは、
調査が難航した場合のリスクを「探偵業者が受け持つ」か「お客様が受け持つ」かの違いになります。

 

探偵業者がリスクを受け持つ場合には、リスクの分料金が高くなることは当然であり、
お客様がリスクを受け持つ場合には、料金が抑えられることになります。
つまり、リスクと料金の比較になり、どちらが得かを一概に決めることは出来ません。

 

探偵事務所の調査業務に対する対価といて料金を支払うことに納得が出来る方には、
時間制の調査料金が適しており、結果に対して料金を支払いたい方には成功報酬制が適していると言えます。
自分の納得できる料金体系を選ぶことが大切になるでしょう。

 

 

追加料金にも注意しましょう

 

探偵の料金には、追加料金が発生することが良くあります。
追加料金の中には、発生しても当然のものもあれば、
あえて追加料金を発生させて利益を得ている業者も少なからず存在します。

 

例えば、東京から尾行調査を行った場合に、徒歩圏内で調査が終了した場合と、
大阪まで移動した場合には、経費に大きな開きが生じます。

 

その為、調査に掛かった自費(交通費・宿泊費・有料道路代・施設の入場料等)は、
依頼者に後日請求する形が一般的です。

 

このような料金が込みになっている場合には、
もともとの料金が高くないと探偵業者も採算が合わないため、
そもそもの料金が割高である考える事が出来るでしょう。

 

また、調査時間を延長した場合や、
調査項目を追加した場合に、追加料金が発生することは理解できると思います。
これらの追加料金は、発生して当然と考えることもできるでしょう。

 

それに対して、下見代・報告書代などは、調査に当たる上で必要になるものですので、
もともとも見積もりに含めて、追加で請求しない探偵が良心的と言えるでしょう。

 

また、「特殊な調査が必要ですので追加料金が発生する」「特殊な機材の使用の料金が掛かる」などは、
悪質な探偵事務所の手段でもありますので注意しましょう。

 

追加料金は、出来れば掛からないほうが嬉しいものですが、事前に説明があり理由が明確なものは、
ある程度発生するものと考えておきましょう。

 

 

まとめ

 

「成功報酬制」と「時間制調査料金」には、それぞれにメリットとデメリットがあり、
一概にどちらが優れた料金体系ということが出来ません。
依頼者自身の納得のいく料金体系を選び必要があるでしょう。

 

どちらの料金体系であっても、結果が出せて信頼が出来る探偵業者に依頼することが、
結局は満足度が高くなるものです。
複数の業者から話お聞き、安心して任せることが出来る業者を選ぶようにしましょう。

探偵事務所の料金体系 成功報酬と時間制料金の特徴関連ページ

キャッシング業者の中でも、審査ハードルが厳しい