調査に必要な調査日数について

浮気調査や結婚調査や素行調査などは、だいたいどの位の日数がかかるのでしょうか?
日数が増えれば費用も変わってくるので、日数の目安は知っておきたいものです。

 

けれども状況によって日数は変わってきます。
結婚調査で対象者の情報がある程度分かっていれば、2日ほどで終了することもあります。

 

 

しかし、結婚調査で浮気疑惑が出てくれば、
浮気調査をする必要が出てくる可能性もありますので、
さらに日数が増えてくる可能性が出てきます。

 

タイミングが良ければ初日で証拠が掴めてしまうこともあります。
こればかりは何が起きるか分からないことです。

 

対象者の行動パターンが一定でなければ、日程の目安はつけにくいと言えます。

 

 

けれども、日数の分だけ費用はかかりますので、
ダラダラと長引かせると費用が膨らんでしまいますよ。

 

費用対策として、予め支払える費用から調査できる日数を計算して
日数制限を設けてもいいでしょう。

 

何日分はしっかり調査をして、結果がどうにしろそれ以降は
再度相談するという風にしておくのもいいでしょう。

 

調査対象者の行動パターンをある程度把握しておけば、調査もスムーズになるでしょう。
依頼者と探偵社側がしっかり情報共有できれば手間も時間も費用も削減に繋がります。