探偵に依頼する前に準備をしておきましょう

調査を探偵社に依頼するにあたって、
調査対象者の情報をできるだけまとめて渡しておくと、
調査もスムーズに取り組みやすくなりますので、費用が安くなることがあります。

 

探偵側が初動調査を省けますので、手間も変わってきます。
浮気調査であれば、浮気相手の名前や勤務先なども分かればさらに調査はとりかかりやすくなります。

 

パートナーとその浮気相手の情報で集められるものは集め、探偵に渡しましょう。
なぜ浮気していると思うのか、個人で掴むことのできた証拠などもあるとさらに良いでしょう。

 

 

できるだけ情報を集めることもできれば、
探偵社の調査負担軽減にもなりますし、
調査日数の軽減にも繋がります。

 

調査日数が減らせれば経費節約にも繋がりますよ。

 

 

結婚調査では一人分の情報だけでいいのでさらに集めやすいでしょうし、
調査も進めやすいでしょう。

 

どのような情報を渡せばいいのか分からないこともあるでしょう。
近年は携帯電話の使い方で浮気を怪しむケースも多いのです。

 

浮気を怪しむきっかけの8割もが、携帯電話の使い方なのだそうです。

 

・携帯電話を肌身離さず持っている
・発着信やメールの履歴が削除した形跡がある
・着信やメール受信の通知が来てもこそこそ見ている、またはその場で見ない
・携帯電話代が増えている
・携帯電話が見られないようにロックをかけている
・トイレにまで携帯電話を持ち込む

 

これらの行動は明らかに怪しいですし、
浮気なのではないかと疑ってもしょうがまいですよね。

 

これらの情報もまとめて探偵社に渡しておくと、
調査対象者の行動パターン予測に役立ちます。

 

自分で得た情報を探偵社に提出することで、
労力や費用を削ることができるかもしれないのです。